読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

惑星のムシ

惑星は地球のことです、ムシとは宇宙から見た、ヒト科のホモサピエンスのことです。難しそうに言うてますが、ブログでちょっとぼやいてみよかなちゅう感じですな。

福知山のおでん屋???

福知山駅から歩いて数分 篠尾新町の高架沿いに
”おでん”と書いた幟が2本立てかけてある店があって
寒さと空きっ腹に 迷わず戸を開けた

中はテーブル席が2卓と小上がり風のテーブル2卓 それにカウンター5席程
客はカウンターに1人居るだけやって 中はおばちゃんが3人

早速 筋と卵と豆腐それにビールを注文!
おでんとビールをグイグイとやり 腹を少しなだめると 追加のメニューをのぞいた
鶏肉の焼き肉?  そうゆうたらテレビで鶏肉の焼き肉やっとったなと思い
「この店誰か松阪の方から来とってんか?三重県の松阪やけど」
3人のおばちゃん「???」
「テレビでやっとったやろ、なんとかいうやつ あっちこっちの郷土料理やるやつ」
3にんのおばちゃん「???」
「松阪で焼き肉ゆうたら鶏になるんやって 知らんか?」
1人のおばちゃん「うちはなぁタレ漬けて焼くんやけどな」
「???」 めんどくせー店やなー 松阪からんでくれよ!
「皮食べたいけど塩焼きできる?」
おばちゃん「うちはタレ漬けて焼くんで お客さん自分で焼いてくれるんやったらあるけど 塩あるし」
てーぶるには確かに焼き肉コンロがそれぞれ乗っとる
「儂は塩焼きが欲しいんや! メニューの松葉は塩焼きできるか?」
おばちゃん「はーい 焼きます」

見とるとおばはんが後ろのテーブル席のコンロで松葉を焼き始めた???

別のおばはんが もう一人の客の真ん前のカウンターの中のおでんトレイの傍でゴソゴソやっとる
中のおでん具材を引き上げ だしを掬い取ると きれいに拭き始めよった!!!
「おでんは終わったんか?」
おばはん「ありますよ!」
「そのトレイはどないすんの?」
おばはん「かたずけますけど」
「儂だけやないと思うけど、おでんが煮えとるの見るのが ええんとちゃうんか!?」

酔いも中途半端で なんか疲労感も感じながら 7時過ぎに店を後にした f:id:taniq3:20150724144124g:plain