読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

惑星のムシ

惑星は地球のことです、ムシとは宇宙から見た、ヒト科のホモサピエンスのことです。難しそうに言うてますが、ブログでちょっとぼやいてみよかなちゅう感じですな。

時々、ドキドキ

ブログにも書く事の旬が有ると思うけど、余のブログには色んな理由があって(アイコンの挿入が解らないとか写真が貼り付け出来ないとか)時期がずれ込むので面白いかも。

我が家では、サンケイ新聞を数年以上購読、その前には朝日新聞という具合やったけど、どの新聞を取るかについては、余の選択でなくすべて家人の決定によりま(内容よりも安くてオマケ付き)。
当然ながら、左、右は承知のうえで読んどりますが、最近のサンケイの論調は安倍寄りがきつく、辟易することが増えました。

テレビの何んとか委員会という番組、言いたい事をいうという事でちょくちょく見てますが、肝心なとこで「ピッ!ピッ!」目隠しいれよる!”入れるんやったら最初から放送すな!”(ここでボヤキ入れんとどこで入れる?)
いかにも「現場ではギリギリやってまっせ」いうような視聴者を舐めた様なカビの生えた手法。
これも、報道の自主規制ちゅうマスターベーションやろな。

報道番組の古舘伊知郎と元経産省役人古賀茂明との胡散臭いやり取り、番組に何等かバイアスが掛かったと感じられるけど、報道側がうやむやにしたとしたら、キチッとシュザイ(謝罪)してもらわんとなぁ!

宮崎哲弥やったと思うけど、官庁の役人は記者のことをヤギと思っているとコラムに書て、記者はイヌ以下で、記事を書いた紙をやれば、なんでも食い付くとのこっちゃ!

権力者に対する質問は、もっと鋭い質問せんかい!(怖くてできませんし質問の仕方わかりません)
記者クラブにたむろせんと、貪欲に取材せえ!(外は寒かったり暑かったり、恥ずかしいので声を掛けれません) 最も会社の方も、そんな記者を求めていないのかも?

NPO国境なき記者団(RSF)が今年発表した「報道の自由度 世界ランキング
日本の順位は世界180カ国中61位!
この順位は、福島原発事故報道規制、特定機密保護法の制定、更にはNHKの会長及び経営委員会の人事が安倍首相のお気に入りと云う事等々の影響で、2013年53位、2014年59位と順位を下げてきたもので、驚くなかれ、なっなんと2010年11位やった日本がやで!
更に々、噴飯もんは、一つ上の60位は韓国やて、”勧告”違いまっせ!(どないせぇー!ちゅうンや)

(因みに1位2位3位は、フィンランド、ノルウエー、デンマークです)