惑星のムシ

惑星は地球のことです、ムシとは宇宙から見た、ヒト科のホモサピエンスのことです。難しそうに言うてますが、ブログでちょっとぼやいてみよかなちゅう感じですな。

セーリング その3

                                       f:id:taniq3:20151104131239g:plain
スロープから海に向かって左右には浮桟橋が有り
100メートル程前方の海中に左右横方向に伸びた一文字突堤が ヨットハーバーの港内を形成しているようだ

風は海からの向かい風を僅かに感じる程度で 強さに不満はあるが 小手調べとしては30数年ぶり 慣れるまでは丁度ええやろ!

シーホッパーを乗せた船台をスロープからゆっくりと海面へすべり込ますと 船台を残し 浮桟橋の先端側にヨットを舫う!

よたよたとヨットに乗り込むと 緊急連絡用の携帯をレジ袋に厳重に包んで格納スペースに置く 
センターボードを中央部に差し込み ラダーの取り付け完了!

セールが僅かに風邪を捉えるのを見てゆ~くりと桟橋を残していく!

進行方向からの向かい風に対し タックを何度か繰り返し一文字突堤をかわすと 
港外へ出たと感じる 風が少しだけ強くなった様子 グイグイと風に登らす 
   気分は最高!! 
                               f:id:taniq3:20151110091739g:plain

調子よくタックを繰り返しているつもりだが ティラーにトラベラーシートがチョクチョク絡んで
スマートなタックが出来ない どっかおかしい!

結構距離を稼いだみたい 帰りのランニング帆走に切り替える
セールを真横に張り出し 後ろ風を目一杯取り込む込むと 
急に風の音が消えた 舳先にあたる波の音だけ! グングンと加速する!

それにしてもブームの開きが悪い ・・・! 解った!解けないパズルが解ったぜェー!
ブームバングの取り付け位置を完全に間違えとるやんか?

その時や 足元を走り回る塩水溜まりに 携帯の入ったレジ袋が動き回るのが見えた! ゲェゲェゲェー!
つまみ上げたレジ袋の中は海水に携帯が泳いでる状態 完全に油断しとった!

それやこれやで色々ハプニングありも なんとか桟橋に帰着
昔やってたスループに比べこのキャットリグは風の反応が敏感! 扱い易い! ハマるかも!


帰る時係のオッサンが
「ここのクラブはこんな状態やけど、良かったらまた来てください」
おッ! 態度が来た時とぜんぜん変わったやんけ~! 

チンチンオブジェよ また来るでェー! 

セーリング その2

                                        f:id:taniq3:20151104131239g:plain   
倉庫は結構大きく 高さが4~5メートルで幅が30メートル位有るようや!
周りはテントシートで覆われ 支柱と思われる5インチ位の鉄柱に縛り付けてある

外し易そうな所に見当を付け 固縛されたロープを外し中に入ると
鉄パイプでスペースを上下3段に区分けされ それぞれ満杯の感じに格納されたディンギーが現れた!
おそらく30艇位はあろうと思う どの艇もそれなりに使い込まれた感じがある!

キャスター付き船台に乗った手近い一艘を ゆっくりとテントから船台のまま引き出す
船は一枚帆のキャットリグのようで 船には艤装品がわりかし整然と乗せられている

ー 落ち着いてベテランらしく装備を確認しようと自分に言い聞かせる!(誰も見てないと思うが) -

先ずはメインマストを組んでみる 4本繋ぎのアルミポールだ
畳まれていたメインセールを広げる 破れ等の問題も無し
セールを下で支えるブームも問題なし
シート類、ラダー、センターボード 一応OKの感じ!

ー 時計を見ると11時丁度 いまから15分も有ればセットできると思える!
 この時点で雲が切れ太陽がやけに灼熱に感じられる ただし焦りは全く無し!ー

7~8メートルもあろうか メインマストにセールを差し込み 船体中央の穴に組み込む
最大の力仕事も 無事セット出来た!
ブームもOK 後は各部を繫ぐシートが組めればほぼ完了!

シートの数もセットも確認済みで順次結索とやっていくが んッ!??
ブームバングがブームのどの位置でどこと繫ぐかうまくいかない!
大して繋ぐとこも無いのに どーもすっきりしない?
昔やった作業を思い起こそうとするが全く記憶が蘇らん!

ー もう12時過ぎた! 汗が半端じゃない! -f:id:taniq3:20151105101245g:plain

色々試してみるが すっきりしない!
シートも2本余ったまま?

ー しかし セールはちゃんと働くようやし すでに12時半回っとるし腹もすいた! -
ー 何とかなるやろ! ー



船台に乗せたシーホッパーは高々とセンターポールにセールをしばかせて 波に乗せろとばかり!
桟橋のスロープまで100メートル程を歩き始めた!!

セーリング

f:id:taniq3:20151104131239g:plain
先日 とあるヨットハーバーに立ち寄った!             
貸しヨットがあるよっと云う事で!

ゲートを入るとすぐ右側に据え置かれた巨大なペニスのオブジェに ギョギョッ!

建物を二階へ上りエントランス入ると
こじんまりながら なかなかの素晴らしいクラブハウスの雰囲気!

事務所にもサロンにも人影無し!
暫く待って やがて帰ってきたスタッフと思しきオッサンに尋ねた

ー ディンギーを貸してもらいたいんやけど ー
暫く余を無言で眺めると
「倉庫にあるんで 適当に出してくれたらええけど」

ー ディンギーは何が有るんや ー
ディンギー?? なにか知らんで! わかるもん居らんし 
自分で組み立てて 勝手にやれんのやと うちでは貸したりできんから」
暫く お互い無言で睨みあいしてたが、相手が出ていこうとするので
慌てて

ー そしたら 取り敢えず倉庫見さして! ほんで 組み立ての艤装が出来たら借りるちゅう事でどうや
わしも長い事やってないんで ー
「ええよ!」

倉庫の場所を聞きクラブハウスの2階の窓から見ると
クラブの保管ブースには 20艘程のいろんなヨットクルーザーがマストをなびかして駐艇しており
そのはるか先 駐車場の隅にあるテント張りの建物が倉庫らしい!

余は 一抹の不安と好奇心でそこに向かった!    f:id:taniq3:20151104131410g:plain

                                       

南北戦争と大政奉還?

GyaoでThe Conspirater(邦題:声をかくす人)ロバート・レッドフォード監督 を見た
アメリカ南北戦争終結時のリンカー大統領暗殺事件(1865年4/14)の被告弁護の実話である
被告は 実行犯である南軍の復活を願うブース達に 自身が経営する下宿屋をアジトとして貸した罪で
逮捕されたメアリー・サラット
弁護をするのが弁護士であり北軍の歴戦勇者であるエイキン大尉である

裁判は軍事法廷となり起訴人及び判事は全て軍人で占められた中
戦後の合衆国の混乱を抑えて 新たな国作りに世論が向かうような裁決に進める検察側と
サラットが実際に事件に関与したのかどうか 罪状が相当であるかどうか
法は法として厳密に裁可されるべきとするエイキンとの戦いである

エイキンはあらゆる法的手段を講じ 法務長官にも国か法かの論戦を挑んだ
民間人を軍事法廷で裁く事は出来ないと民事法廷への移管申請もした


結果サラット含む4人が死刑となる


それでもアメリカの凄さは 事件の一年後に最高裁判所が 戦時であっても軍法会議で民間人を
裁くことを禁じたのである



日本ではその翌年に大政奉還(1867年11/9)が行われた
ケネディ暗殺事件と同じように犯人の背景に陰謀説が渦巻くがf:id:taniq3:20151028130847g:plain
この事件のあと陰謀を仕掛けた側の思惑とは違い
合衆国はより団結と発展を遂げたのである

民主主義の未熟な日本としては考えさせられる事もありやね


我が国も女性の凶悪犯罪が近年多くなっているが
メアリー・サラットがアメリカで 女性で史上初めての死刑となった

キンキュウ避難

最近殺人事件のニュースを聞かない日が珍しいくらい事件が有るようだが
それくらい世間が殺伐としてきたんかな
それとも人を殺す事にそれ程重大な残忍性を感じない人間が増えたか
はたまた事件捜査のまずい警察力をなめた行為か

世間殺伐と人間性は他者に任せて捜査力を考えてみよか

雇用機会均等法のお陰か最近の警察官に、小柄な兄ちゃんや華奢な姉ちゃんを
結構見かけるな~(大柄やイカツイ人がお巡りさんらしい言うとるんやないけど)
例えば警官3人で犬一匹に13発も拳銃撃つか?
今日び職場でパワハラやられた云うて訴えたり自殺したりするんやな~
勿論無い方がええんやけど そんなんで警官の仕事やれるんやろか?
身体も気持ちもタフでないと難しい仕事とおもうけどf:id:taniq3:20151016091319g:plain

又近年の科学捜査もかなり精緻な検証ができるようになってる思うけど
最近の事件はそれに頼り過ぎてないやろか?
地味で綿密な初動捜査出来とるやろか

所で余の岳父は捜査一課(殺人事件捜査担当課)一筋に勤め上げた方であるが
よく聞かせてもらった事は 捜査は足で稼ぐ仕事で 特に聞き込みは粘りと愛想がないと
なかなか話を聞かせてもらえんのや!と教えてもらったけれど


警察官は緊急避難が出来ない職業で(消防士や海猿等も同じ)
9.11や3.11の災害時に人命救助のため多くの警察官が犠牲となりながらも
職務を遂行した崇高な事実は周知の事である!!!

「緊急避難=この話で言うと 非常事態のもとで 差し迫った危難を避ける時 他人を救助すれば
自分の命が危うくなるため、自分だけ避難するような場合等の事」




余談で申し訳ないけど 余は小便が近い性で待ったなし
何度か世間に迷惑をかけ 緊急避難で誤魔化しました
本当にごめんなさい!
f:id:taniq3:20151016092935g:plain

うすら寒い茶番

先ずは、ラグビーWCで南アフリカに勝った勝った!、やったー!やったー!大感激!
f:id:taniq3:20150812141357g:plain


所で、安保法制何んとか成立!
戦争を知らない奴が、決して自分が戦場へいく事がない戦争の可能性を含めた法案を作った。
更に内閣が変わる度、その都度自分勝手に憲法解釈法案を作る事ができる道を開いた。

自国の国民や国会より他国へのアピールを優先するリーダーを尊重する風土が出来た。

何んと、理屈にならない感情論でも安倍の片意地力と数のパワーである!

何よりもかによりも、自分たち権力者を縛る憲法を無視した事が凄い!!
知らないだろうが、これは自民党民主党が仕組んだうすら寒い茶番である。
それは国会議員の総白痴化を一段と進め、国民の政治に対する無関心を広げさせる事。
                         f:id:taniq3:20150920104650g:plain

昨日安保法制の成立後SEALDSのリーダーがシュプレヒコール
「選挙に行こう!選挙に行こう!」と叫んでいた。
余は決して遅いとは言わないが・・・。

寒~なる話

今日も、残暑が暑いざんしょ!(ムシして頂戴!)

昨日の、報道ステーションで、日経平均株価が急上昇して引けた裏事情を論評していたが、
原因として、クジラが4頭動いたように伝えていた。

                       f:id:taniq3:20150827115605g:plain

はて、クジラとは何んぞな?と聞いていると、
生命保険会社大手3社と、GRIFのことらしい。

GRIF(たぶんGPIFの事)とは、年金積立金管理運用独立行政法人のことやがな!
一般労働者の積立金137兆円の中から財テク運用しとるちゅうこっちゃ!

財テクやるんやったら、なんで、国家公務員の共済積立金を使わへんのや!!
財テクには必ずリスクが伴うんや!
儲かっても年金増やしてくれんけど、損した時だけ受給者負担にしよる!!!

GPIFの前身は、特殊法人の年金福祉事業団云うて、名前だけ変えよったわけやな!
余のブログ「ネンキン」にも書いたけど、リゾート開発事業にも手を出し累積赤字が2兆円!
誰も責任取らず、うやむやになったま~まッ!

つい最近も年金個人情報をいとも簡単にハッキングされたし、
ガバナンスの無い無責任組織が、巨額の年金と云う税金を動かしとるいう恐ろしい話。

少しは寒なったか?

f:id:taniq3:20150812141636g:plain

ヤケクソの悪アガキ

戦争行為やこれに類する闘争行為は、ホモサピエンスの特質と云える。
現に今も地球上のかなりの場所で戦争は行われており、将来とも無くなる事は無い。 f:id:taniq3:20150724144124g:plain

今日本では、戦後70年と云う事で安保法制とも相まって、太平洋戦争の事案が各メディア共賑やかに取り上げられているようだ。

戦争は実際の戦闘行為が始まってみると、手違い勘違い、連絡報告のミス、最悪の場合味方への誤射等ありとあらえるトラブル発生で、訓練通りには中々いかない、まして日本の自衛隊には戦争経験者が一人もいないのである。
これが前線サイドのトラブルであれば、修正も手直しもある程度効くが、統帥機関だとか司令官サイドでおこすと悲惨な状況が待っている。
悲しいかな当時の日本軍に於いては、後者の例が少なからず有ったようだ、特に敗戦を繰り返す太平洋戦争末期に於いては・・・!

先日、産経新聞の朝刊に「特攻」の特集記事が載っており、自爆用改装戦闘機があったのを知った。

陸軍の4式重爆機「飛龍」を改装した「さくら弾機」は、機関砲等銃器を外され、その代り黒く塗った棒をダミーとして付け替え、操縦席真後ろに、なっなーんと2,9トン直径1,6メートルもの対艦用炸薬弾(前方3キロメートルの破壊威力)を搭載、それも爆弾は機体に収まらず機体上部を膨らまして改装、更に重量軽減を稼ぐためベニヤ板中心の改装と燃料は片道分のみで、搭乗員は4名、守る銃器は一切無し。

この作戦に沖縄方面に何機出撃さしたのか分らないが、戦果無しの全機行方不明だったそうだ。
当然ながら3トン近い爆弾を危なくて不時着すらさせれないし、片道燃料で4人は海の藻屑となったことだろう。

太平洋戦争末期、日本軍は連戦連敗のなか、悪アガキと思う作戦を連発した。
海軍の神風特別攻撃隊に代表される、「特攻」と呼称された各種の作戦である。

特筆すべきは、人間ロケット弾「桜花」人間魚雷「回天」である。

「桜花」は1、2トンの徹甲爆弾に翼を付けたようなもので自走能力は殆ど無く、一式陸攻に吊下げて攻撃目標に近ずいて切り離す、ほぼ垂直急降下爆撃(想定スピード毎時1050キロメートル)。(755機制作され思ったほどの戦果を上げず55名の戦死者をだしている)
「回天」は前部に1,5トンの炸薬弾を装着した、直径1メートル長さ14,75メートル、搭乗員1名、潜水艦に搭載され敵艦の近くで離艦発進する。
駆逐艦1隻、給油艦1隻と商船1隻の戦果に対し145名の戦死者と母艦潜水艦8隻の撃沈被害を受けた)

全てでは無いが、このような特攻兵器を聞いただけでも尋常な作戦ではない、恐ろしいことに人間魚雷「回転」人間ロケット弾「桜花」には、搭乗員の脱出装置がない!!(生き残る僅かなチャンスも与えない!これは作戦とは言えず、自爆テロの先駆けと言われても仕方ない!)

作戦司令部は、特攻の出撃搭乗員の選抜で命令は死ねと言う事になる為、命令でなく志願を募ったと説明!

チョット待ったらんかい!日本軍の軍人教育は「生きて虜囚の辱めを受けず」要は捕虜になるんやったら死ねと教えた、当時の戦況下に於いて戦死は常態化していたと思われる中で、上官からの言葉だけの「志願」は命令に代わる指令といえる。(応募が無いと困るので、さくらで頼まれ志願書に記入したという兵の報告もある)

日本軍は当時陸軍と海軍が有り、陸軍は陸軍参謀本部が作戦及びその指令の最高決定機関で、海軍は海軍軍令部が最高決定期間として、両軍は互いに情報交換すらすることも無く、対抗勢力として陸軍大臣、海軍大臣を行政に送り、行政を威圧していた。

(※日本軍の統帥権の最高権者は大日本帝国憲法天皇とされるが、特攻を作戦として天皇への上奏並び裁可はされておらず、統帥権干犯行為とされる)
それぞれの指令本部は、矢玉の来ないさぞかし綺麗な部屋で、大切な兵士を鉄砲玉みたいに消耗させる作戦を、ヤケクソの悪アガキで練ったわけや。          f:id:taniq3:20150724143613g:plain 


これから本番!!

一つ 戦争は、多大な犠牲と損害だけで無く、まさに湯水のごとく莫大な費用が掛かる。(1千兆円の借金を持つ日本が出来ますか?)
二つ 戦争を回避したり、始まった戦争を早期又有利に終結させるのは、外交交渉の練達な狡猾さが必要。(残念ながら日本に外交は有りません、当然ながら外交に必要なインテリジェンスも無いのにどうして戦争の回避とか終結できます、やるなら出来るだけ早い外務省の解体でしょう)
三つ 戦争が始まってもシビリアンコントロール文民統制)が出来ないと太平洋戦争の二の舞を踏むことになる。(防衛大臣シビリアンコントロールが解らない自衛隊OBの中谷氏を充てているようでは危険極まりないでしょう)
四つ 日本は長い間,社会主義国家であり、民主主義に不慣れな民族である、もし戦争が起きても、国家の為、軍の為、であり、自分の為、家族の為は一切無し。 それでも覚悟できたら、とことんやってみる?(一番危ないのは誰?)




当家の戦史
  祖父  日露戦争 (召集)満州方面従軍 陸軍歩兵軍曹 功六金鵄勲章 (無傷で帰還は驚愕 92歳没)  合掌
  伯父  太平洋戦争(志願)フィリピン バターン半島戦死 陸軍機関銃部隊伍長(任曹長)功六金鵄勲章 (無謀な作戦での無念の戦死 昭和17年1月31日 19歳9ヶ月) 合掌
  父   太平洋戦争(召集)召集後出動待機中に終戦  (88歳存命中)
  本人  現代戦争 (引籠り中) 連続不戦敗中 (難しい事無理、怖い事嫌、努力出来無い、頑張り半立ち、ボヤキが得意!) 御愁傷様

いかりを上げて出発⚓

国の借金が1000兆円楽々超えてるけど知ってるか?
ちゃんと書いたら、1,015,923,400,000,000円(財部誠一の日本借金時計より)
55兆円の年収で、返せるか?

東北の震災復興予算来年までで23兆円使うけど、三分の二は直接関係ないとこ行くで!
福島原発、いつごろ核燃料の廃棄処理の目途が立つか予測できるか?

なんで国立競技場だけで2500億もかけるん?他は一円もいらんのか?
オリンピックは、建物の競い合いではのうて、フィジカルコンペとちゃうの!
一番解かってないのは、計算すら恐ろして誰もいわんけど、巨額の競技場の維持費,誰が払うん?

それもこれも、みーんな、「ゆとり世代」以降これから生まれてくる若手世代、君らやで!ヤングボーイ諸君!
(そのため今までゆとりとりとりで取らされたんや!ちがうか?)

政府は今、富国強兵で必死や!
もし戦争に巻き込まれても(日本は外交が無いから、おそらく手違いで)戦場行くのは、君らや!

政治屋も余も、年寄りは言うだけやで!
まめに行くのは選挙だけ!
なんでやて?
そら国を動かす政治屋は、選挙で当選してなんぼやからや!

ええか、若者諸君!
ええかげんに、怒らなあかんで!ええか!
怒りや!いかりや!⚓ヤーッ!
ええかげんに出発せんかい!

林先生いつがよろしやろ?


・・・今夜は七夕やけど星は見えん! 願いは届かんやろか?・・・

本の売り時

昨日、NHKクローズアップ現代で「絶歌」を取り上げてた。

初版10万部ですぐ5万部増刷になったらしいが、クロ現のテーマで5万部は最低でも増刷やろな!
一冊¥1620として印税は10パーセント(Aの場合はすくないかもしれんが)として???すごー!

仕掛け人は百田尚樹の「殉愛」で問題になった、幻冬舎の社長やけど、やり方えぐいのは、自分とこで出版やらんと、金取ってよその太田出版でやらせた事やな!

先ず「絶歌」やけど、出版の自由とか言論の封殺はあかんとか、尤もらしい事ゆうとるけど、
確かに、憲法第21条で言論、出版の自由は保障されとる!
しかし、その上の第12条で「自由と権利は濫用するな、常に公共の福祉の為にこれを利用する責務が有る」とかいたるやんけ。

節度と品位を持って判断やッ!  なにも、余のようでのぉても庶民の良識で充分!

次に、百田尚樹やけど、自分の発言が愛国者の様に持ち上げられるんで、舞い上がった非良識論者や、それが自民党の阿保な勉強会に呼ばれ、知恵の無いもん同士盛り上がっただけ!

問題は、報道とか出版の自由を云う時、権力者や時の政権に対して、物が言えてるかどうかで判断をせなあかん!

どや!太田出版百田尚樹

ちなみに、余は「絶歌」も「殉愛」も買う気も読む気も無しや!
いいわけやないけど、決して買う金がないわけではないでっせ!
それより、文芸社の倉庫に眠る余のエッセイ「惑星の旅」何時ごろ世に出せるやら?
権力者に物申し上げとるでー!